.RenderString | Markdownの文字列をHTMLに変換する

こんにちはnasustです。Hugo v0.62で.RenderStringテンプレート関数が追加されました。.Page変数のテンプレート関数です。

.RenderStringは、markdownifyと同じ機能ですが、Markdown Render Hooksをサポートしています。

HugoのMarkdownエンジンがGoldmarkを使用している場合でRender Hooksは有効です。

see also: .RenderString | Hugo

書式

$renderedString := .RenderString Markdownの文字列 OPTION
html

OPTION

OPTIONは省略可能です。dictで指定します。

  • display …inline(デフォルト)またはblock、inlineの場合はトリミングされます。
  • markup … レンダリングエンジンの指定。デフォルトはページのフォーマットになります。List of content formatsのMarkup identifiersを指定します。

.RenderStringの使用例

{{ "**Bold Markdown**" | $p.RenderString }}
html
{{ $optBlock := dict "display" "block" }}
{{ "**Bold Block Markdown**" | .RenderString  $optBlock }}
html
{{ $optOrg := dict "markup" "org" }}
{{ "/italic org mode/" | $p.RenderString  $optOrg }}
html
prevnext