.RenderString | Markdownの文字列をHTMLに変換する

こんにちはnasustです。Hugo v0.62で.RenderStringテンプレート関数が追加されました。 .Page変数のテンプレート関数です。

.RenderStringは、markdownifyと同じ機能ですが、 Markdown Render Hooksをサポートしています。

HugoのMarkdownエンジンがGoldmark を使用している場合でRender Hooksは有効です。

see also: .RenderString | Hugo

書式

$renderedString := .RenderString Markdownの文字列 OPTION

OPTION

OPTIONは省略可能です。dictで指定します。

  • display … inline(デフォルト)またはblock、inlineの場合はトリミングされます。
  • markup … レンダリングエンジンの指定。デフォルトはページのフォーマットになります。List of content formatsのMarkup identifiersを指定します。

.RenderStringの使用例

{{ "**Bold Markdown**" | $p.RenderString }}
{{ $optBlock := dict "display" "block" }}
{{ "**Bold Block Markdown**" | .RenderString  $optBlock }}
{{ $optOrg := dict "markup" "org" }}
{{ "/italic org mode/" | $p.RenderString  $optOrg }}
iOS、Android、Web、APIサーバーなどのフロントエンド・バックエンドを開発するソフトウェアエンジニアです。 UI/UXが好きです。かっこいいUIやWebデザインを眺めるのが趣味です。 このブログはソフトウェア開発関係の内容を記事にしています。
web service:
GitHubQiitaTwitterはてなブログ
handle name:
nasust
real name:
hideki mori
job:
ソフトウェアエンジニア
develop:
target: ios, android, web page, single page application, api server, system service, cli tool, linux embedded device

lang: c/c++, go, swift, objective-c, java, kotlin, typescript, dart, javascript, ruby, python, php

tool: vscode, xcode, android studio, photoshop, vim, docker