Go言語 入門 / 解説 | インストール

こんにちは、nasustです。

Googleが開発した。Go言語 / golangというプログラム言語を勉強しはじめました。 Go言語は、静的型付けの言語でシンプル文法です。コンパイル・実行速度が速く、安全性が高い、並列処理、GCをサポートしているなど新しいモダンな特徴を持っています。

このようなモダンな機能を持っていると、速度が犠牲になったりしますがGo言語 / golangは、C++並のスピードを持つパワフルな言語です。

Go言語 / golangのインストール

Downloads - The Go Programming Language

上記のリンクから、プラットフォームに合わせた実行ファイルをダウンロードします。

解凍 ダウンロードしたら、解凍します。

tar -C /usr/local -xzf go1.7.3.amd64.tar.gz

/usr/local/goというディレクトリに実行ファイルファイルが解凍されます。

もしMacの場合は、homebrewからインストールした方が簡単です。

brew install go

環境変数の設定

.bash_profileに次の行を追加します。

export PATH=$PATH:/usr/local/go/bin

.bash_profileを再読み込みするか、再ログインするとgoコマンドが使えるようになります。

簡単プログラムの実行 以下のコマンドを実行して、作業ディレクトリを設定します。

export GOPATH=$HOME/go 
package main

import "fmt"

func main() {
    fmt.Printf("hello, world\n")
}
go run hellow.go

実行すると、“hello, worked” が表示されます。

iOS、Android、Web、APIサーバーなどのフロントエンド・バックエンドを開発するソフトウェアエンジニアです。 UI/UXが好きです。かっこいいUIやWebデザインを眺めるのが趣味です。 このブログはソフトウェア開発関係の内容を記事にしています。
web service:
GitHubQiitaTwitterはてなブログ
handle name:
nasust
real name:
hideki mori
job:
ソフトウェアエンジニア
develop:
target: ios, android, web page, single page application, api server, system service, cli tool, linux embedded device

lang: c/c++, go, swift, objective-c, java, kotlin, typescript, dart, javascript, ruby, python, php

tool: vscode, xcode, android studio, photoshop, vim, docker