EvernoteやOneNoteから乗換えはNotionが絶対オススメ, Notionの魅力的な機能を紹介.

こんにちはnasustです。 EvernoteやOneNoteから乗換えはNotionが絶対オススメです。 私自身乗換えました。

切っ掛けはEvernoteの無料で使用できるのが2台までと不便だから、というのとアップデートが遅いからです。 次にEvernoteの乗換えとしてOneNoteを使用しましたが、デフォルトのフォントが遊ゴシックになるのが嫌になりました。設定で規定のフォントをヒラギノに変更しても、無視されて游ゴシックになる不具合があります。しかも、その不具合は放置されています。またWebクリップもEvernoteに比べて不便でした。

Evernoteと同等の機能を持ち、UIデザインが優れているサービスを探して発見したのがNotionです。

Notionとは

All-in-one workspaceと書いている通り、ノート、Wiki、ToDo、タスク、表、Webクリップなど全部入りのWebサービスです。それぞれ別々のWebサービスを利用しなくてもNotion 1つで全部できます。プロジェクト毎にワークスペースを設定したりと情報の整理のカスタマイズが優れています。シェアリングや共同編集もできるのでエンジニアやクリエイターが使用しています。

iOS、Android、Mac、Windowsのアプリも提供されています。私が便利だと思うのがブラウザだけで簡単にアクセスできるのでポータビリティに優れている事です。

魅力的なテンプレートが豊富

Notionは魅力的なテンプレートを提供しています。テンプレートのいくつか紹介します。テンプレートを見れば、だいたいNotionで何ができるか感じ取れると思います。

Home

Notionはノートをディレクトリ風に管理します。これは親のページのテンプレートです。子のページのリンクをレイアウトして表示するので分かり易くなっています。※スクリーンショットが黒いUIなのはNotionがダークモードに対応している為です。通常は白いUIです。

Notes & Drafts

ノートを管理するテンプレートです。タグでのフィルタリングやソートできるので大量のノートを管理するには便利です。

Blog

Blogのテンプレートです。Notionで手軽に記事を書いて、シェアするのもありですね。HomeやNotes & Draftsのテンプレートを使用して完全にブログっぽい感じのCMS出来そうですね。

Todo

Todoのテンプレートです。ノートの書式でチェックボックスが使用できるので、レイアウトでこの様に表現できます。

Task

このテンプレートはタスクをかんばん方式のレイアウトで表示しています。

Calendar

カレンダーです。個人のスケジュールにも便利です。共同編集でスケジュールの管理するのも便利そうです。

Notion テンプレートギャラリー

以下のリンクにテンプレートのギャラリーがあります。

Notion Template Gallery

ノートはディレクトリ風に管理

画面の左側に各ノートのリンクがあります。ノートにアイコン設定できるので視覚的に分かり易くできます。

ノートが簡単に書ける

EvernoteやOneNoteで書式を設定する場合は、文字を選択してからツールバーで設定する事が多いと思います。Notionでは段落などの内容の塊をBlockという単位で扱い、明確に書式設定する事ができます。

このスクリーンショットの様にマウスで簡単に設定できます。Blockを選択すればいつでも書式を変更できます。またBlock単位のドラック&ドロップで移動できるので便利です。エンジニアにとって便利なプログラムコードの書式に対応しているのが良いですね。

テキストを選択して個別に書式を設定する事もできます。

Blockと課金

Notionは無料で使用できます。しかし1000 Blockまでと制限されています。個人であれば月4ドルで無制限にできます。4ドルなので安いですね。私はこの記事の時点で1000 Block超えていないので無料で使用できますが、超えそうになったら課金するつもりです。

ノートのアイコン設定で絵文字が選択できる

ノートのアイコン設定で絵文字が設定できます。メニューなどでアイコンが表示されるので、ノートの判別がしやすいです。

アイキャッチ画像を設定できる

ノートに魅力的なアイキャッチ画像を設定する事ができます。画像はフリー素材を提供しているUnsplashから選択できます。自分のブログのアイキャッチ画像にも使用しています。

埋め込みコンテンツ

Notionは様々な埋め込みコンテンツに対応しています。Webページの情報をノートに纏めたい場合は便利です。

シェア

記事をシェアすることもできます。Googleの検索許可の設定などカスタマイズできます。 私がTwitterでシェアしたツイートを挙げます。

エクスポート

PDFやMarkdown,HTMLなどエクスポートに対応しています。これで原稿書いてPDFで顧客に提出というのも有りかなと思います。

インポート

さまざなサービスやファイルのインポートに対応しています。残念がらEvernoteのインポートは無料じゃないです。私が移行した時は、重要なノートだけコピペでやりました。

表が便利

Notionの表は便利です。ソートはもちろんフィルターもできます。スクリーンショットはブックマークを纏めたものです。

フィルターはカラムを指定して条件を設定します。複数の条件を設定する事ができます。

Webクリップ

Webクリップ対応しています。Webページのコンテンツ部分を良い具合にクリップしてくれます。

WebクリップはGoogle Chromeの拡張に対応しています。

Chromeで使用すると、Webクリップの保存画面が表示されます。簡単ですね。

チームでのアカウント管理

チームで導入する場合、編集の権限など設定できます。これでドキュメント管理すると生産性向上は間違いなしです。

まとめ

Notionは全部入りの機能 + CMSみたいなサービスです。UIも優れているのも魅力です。 コンテンツの表現が豊富にあるので大体の内容をグラフィカルにノートに書けます。CMSみたいにノートを管理できるのも良いですね。

生産性向上できるので個人、チーム限らずオススメのサービスです。