なんとなくノートアプリをMarkdownに移行した

こんにちはnasustです。 ノートアプリのNotionを利用していますが、 一部のノートをMarkdownに移行しました。

Notionは無料で使用出来ます。ですが無料で利用出来る枠があります。

Notionは文章の段落などをブロックとして扱い、 ブロックの量が無料枠を超えなければ課金が発生しません。

もう少しで無料枠を超えそうだったので課金しようと考えましたが、ふと考えが浮かびました。 メモをする程度なのでNotionの機能を半分も使用していない。 別の方法でメモすれば課金しなくても済むじゃないのかと考えました。 我ながら貧乏臭いと思いますけどね。

別の方法として移行出来るノートアプリを探しました。 Evernote → OneNote → Notionと移行したので、これらは対象外です。

どのノートアプリに移行するか思考を重ねる内にMarkdownで良いじゃないかという気がしてきました。 そこでMarkdownに移行するメリットとデメリットをリストアップして検討しました。

Hugoを採用してみました

シンプルにMarkdownの書式で書くだけならテキストエディッタだけで十分ですが、 リストや表、コード、画像など見やすく表示するには対応したアプリが必要です。

Markdownを整形して表示してくれるアプリをいくつか検討しましたが、しっくり来ませんでした。

次に整形して表示するならWordPressで対応できるじゃないかと考えました。 テンプレートで綺麗に表示されます。ブロックエディッターでNotion風に文章を書けることが出来ます。

ですが、せっかくMarkdownというファイルを扱うのでGitHubで文章管理したいという考えがありました。

そこで整形した表示とGitHubで文章管理の両方を対応出来るのがHugoでした。

Boost NoteGitBookなどのMarkdownエディッターも機能を満たしますが、 Hugoを採用しました。

Hugoを採用した理由は以下の通りです。

  • 自分のサイトをHugoを採用しているので慣れている
  • Hugoの機能でテーマを適用しながらリアルタイムプレビュー出来る
  • テーマで綺麗に表示されるので満足感がある
  • CMSの機能でノートを体系的に管理出来る
  • ショートコードが使える

移行してみた

NotionのノートはMarkdownにエクスポート出来ます。 エクスポートしたMarkdownをHugoのサイトに移行して、 ノートが以下のスクリーンショットのように表示されました。

Hugoのテーマは、このnasust dev blogのモノを使用しています。 自分が作ったテーマで表示されると自己満足感が高いです。

左側のメニューでノートをまとめられるのでアクセスしやすいです。

ノートの一覧もアクセスしやすいです。

Markdownに移行してから分かったメリットが以下のようにありました。

  • VS Codeで編集するので、プログラムのコーディング作業と相性が良い。
    • 以前はNotionとVS Codeを行きつ戻りつで、ちょっと面倒だったけど無くなった。
  • VS Codeの拡張機能を利用出来るので書くのが捗る。
  • Notionよりサクサクしている。
    • Notionは遅くもないけど早くもない。特に初回の訪問時は、少し表示されるまで時間が掛かる。5〜10秒で表示されますけどね。

以下のようにデメリットもありますが自分にとっては回避可能でした。

  • ノートがMarkdownになったので、WYSIWYGで編集出来ない。
    • しかしMarkdownに慣れているので思ったより負荷にならなかった。
  • コマンドでHugoサーバーを起動しなければならない
    • これも慣れているのであんまり苦にならない。タスクランナーで動かしているので簡単。
  • スマホからアクセス出来ない
    • 以下の方法で回避可能。
      • GitHubでMarkdownを読む
      • Hugoでウェブサイトを生成してスマホに保存する
    • そもそもスマホでメモする場合は、Apple純正のメモアプリ使用するので、余り問題にならない。
  • Webクリップ出来ない
    • WebページをPDFで保存するようにした

Webクリップが出来ない問題を以下のPDFに保存する作業で対応しました。

あと余談ですがNotionのWebクリップって、WebページをNotionのノートに変換する実装みたいですね。 その場合、Twitterのツイートのような埋め込みで表示するブロックは元のコンテンツ、つまりツイートが消えていると 表示されなくなりますね。

まとめ

ノートアプリのNotionからHugoのMarkdownに移行して、 メリット、デメリットの収支の結果、まあまあプラスかなという程度です。

Notionの利用率が90%から20%に削減出来たので精神的には良かったです。 移行して月額$4の課金よりペイできたは微妙なところです。

良かったか悪かったかの判断は長期的に運用して様子見ですね。

older