BlogはJAMStackを推奨したいが・・・

こんにちはnasustです。

今日、ソフトウェアの技術者以外の人たちが、 つまりサラリーマンや主婦などの個人がレンタルサーバーを借りてブログする場合は大体がWordPressでやりますよね。

よくWebサービスのブログから個人でやる場合、「WordPressに移行しました」とか報告する記事がありますし。

これはWordPressの圧倒的シェアが高く、本屋でも入門やカスタマイズの本が普通に販売されている復旧度であるとので、ブログ = WordPressという状態みたいな感じですので導入しやすいです。

私的には、これはよく無いなと思っています。

WordPressにはセキュリティーのリスクがある

まあWordPressに限らないですが、動的にWebページを表示するソフトは脆弱性が報告されます。 特にWordPressはシェアが高いので頻繁に脆弱性が報告されます。

個人でキチンと運営されているなら、こまめにアップデートしていると思います。しかし飽きてしまって放置していたらアップデートされないので標的になる可能性が高くなります。

Webサービスのブログなら運営会社が脆弱性の修正などを担保してくれますが、個人では自分でアップデートしないと問題になる可能性があります。

またWordPress自体のアップデートしていても、プラグインの脆弱性が修正されない場合あるですよね。メジャーなプラグインならともかく、マイナーなものであるとメンテナンスされていない場合があります。

こういう事があるのでWebサイトの静的生成であるJAMStackを推奨したいです。

JAMStackを推奨したいが・・・

JAMStackとは、物凄く大雑把に説明するとWebサイトの静的生成に関係する総合的な名称です。

静的生成Webサイトなどなので、Webサーバーでブログを表示するにはhtmlとcssなどのファイルだけになりので脆弱性の問題は無くなります。(厳密に言うであればサーバー自体の脆弱性もありますが)

ですのでWordPressみたいなアップデートが必要無くなり、 運営コストが低くなるのでのでJAMStackを推奨したいのですが、現状WordPressみたいに手軽には出来ないですよね。

手軽にJAMStackが出来ない理由

GatsbyやHugoなどの静的生成ソフトはありますが、一般に知れるほどメジャーなっていません。ですので入門書の類は、ほぼ無いです。Webサイトでの解説は使用している人の部分的な解説などありますが、全体的なものは無いです。

またWordPressは導入するだけでブログ出来ますが、静的生成ソフトは簡単には出来ません。 ブログのスターターキットやテーマなどありますが、一手間掛かります。

ヘッドレスCMSであるのも敷居が高いです。GUIが無いので一般向けでは無いですね。

JAMStackがWordPress並みに普及する可能性はあるのか

正直難しいと思います。 JAMStackを導入する敷居が高い理由もありますが、シェアを取得できる状況でも無いです。

WordPressがシェア取ったのはブログブームの頃なんですよね。 既にブログブームは終わり、シェアを占めている状態なので、 余程の失策かJAMStackが物凄く魅力的になるしか無いと思います。

ですのでソフトウェアの技術者やWeb系のクリエイター中心の普及程度に留まるじゃいないでしょうか。

iOS、Android、Web、APIサーバーなどのフロントエンド・バックエンドを開発するソフトウェアエンジニアです。 UI/UXが好きです。かっこいいUIやWebデザインを眺めるのが趣味です。 このブログはソフトウェア開発関係の内容を記事にしています。
web service:
GitHubQiitaTwitterはてなブログ
handle name:
nasust
real name:
hideki mori
job:
ソフトウェアエンジニア
develop:
target: ios, android, web page, single page application, api server, system service, cli tool, linux embedded device

lang: c/c++, go, swift, objective-c, java, kotlin, typescript, dart, javascript, ruby, python, php

tool: vscode, xcode, android studio, photoshop, vim, docker